ウーマン

少しずつ関節痛を改善するサプリメントのひみつ

腸内環境を整える菌

女性のお腹

善玉菌の増殖を促進

乳酸菌は、それ自体が腸内で善玉菌として働くことから、腸内環境を整えるために摂取されています。ところが昨今では、乳酸菌だけでなく枯草菌も、腸のために積極的に摂取されるようになっています。なぜなら枯草菌には、腸内の善玉菌の増殖を促進しつつ、悪玉菌の増殖を抑制する力があるからです。増殖により善玉菌は腸内でしっかりと働くようになりますし、さらに悪玉菌が増えにくくなることで、その働きは一層高められます。そのため効率良く腸内環境を整えていくことができる菌として、乳酸菌と同じように注目されるようになったのです。納豆菌も枯草菌の一種なので、枯草菌は納豆を食べることでも摂取できます。しかし注目度の高まりから、現在ではより多くの枯草菌を摂取できるサプリメントが作られるようになっています。

胃酸をブロック

乳酸菌もサプリメントで摂取できますが、人によってはなかなか効果が出ないこともあります。なぜなら乳酸菌は酸に弱い菌なので、胃酸の影響で死滅してしまうことがあるからです。そのため胃酸の分泌量が多い人の場合、乳酸菌のサプリメントでは、高い整腸作用が出にくいのです。ところが枯草菌の場合、芽胞という酸耐性のある殻に包まれています。つまり枯草菌は、芽胞によって胃酸をブロックしながら、腸までしっかりとたどり着くことができるわけです。胃酸の分泌量が多い人でも、高い効果が期待できるため、その点でも枯草菌は注目されています。ただし枯草菌には即効性があるわけではないので、少なくとも1ヶ月は摂取を続ける必要があります。継続的な摂取により、腸内環境は少しずつ改善されていくのです。